ストリーミング技術の進歩で加速する動画制作の重要性

バンドの悩み

こんにちは。
私は、バンドをやっているのですが、先日レコード会社に勤める知人とミュージックビデオの制作に関しての話をしていたところ、気になるワードが出て来ました。
それは「ストリーミング」という言葉です。

ストリーミングという言葉はなんか聞いたことがありました。おそらく動画配信とか動画視聴に関することなんだろうと思いながらも、なんとなく今更聞けずに、うんうんと話を聞いていたのですが、やはり気になったのでしらべてみたところ、ストリーミングというのは、配信されている動画を受信しながらその場で再生することなのだと知りました。

ほほーう。

つまり、私がよく動画配信サイトのユーチューブなんかで動画をみることをストリーミングっていうんですね。
なんかかっこいい(笑)言葉の響きが(笑)これからはストリーミングって言おう。

ところで、バンドをしていると書きましたが、私は今それで悩んでいることがあります。
それは動画制作に関することです。つまり、バンドの動画制作をするべきかどうかということです。それで知人に話をきいていたんです。

最近は、もうほとんどのリスナーがネットを利用してアーティストの情報を得たり、曲を動画サイトで視聴していますよね。
なので、やはり動画制作と動画の配信は、アーティストにとっては非常に大事なことだと思います。

ですが、動画制作ってけっこうたいへんですよね。専門的な知識と技術が必要ですし。お金もかかります。

できれば自分で動画制作をして、動画配信サイトで配信したいのですが、そんなことって可能なんでしょうか。